■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
想い
とにかく、
どうにか
頑張ってほしい。

どうか、
一つでも多くの命が
残るように。

命があること、
生きていることに
試練があるとしたら、
きっとそれは
一人では
乗り超えることはできない。

できることからしよう。
とにかく、自分のできることから。



スポンサーサイト
未分類 | 22:02:44 | トラックバック(0) | コメント(1)
明けましておめでとうございます♪
みなさま、本当に本当におひさしぶりです♪
そして、明けましておめでとうございますにっこり
ブログを始めて1年が経ちました。
去年のお正月、私は何をしていたんだろうと、
今年の新年はゆっくり色んなことを振り返れた気がします。

去年、私は離婚をし、茜と二人で生きていく道を選びました。
その生活の中で、平日の仕事を増やしたこともあり、
忙しい毎日の中でちょっと病気で休んだりもしました。
でもその中でも幸せなこともたくさんありました。
茜の成長はほんとうに目覚しく、毎日が賑やかになってきました。
保育所通いも板につき、毎日毎日色んなことを学んで、楽しんでいます。
★
(クリスマス会より、『ブレーメンの音楽隊』のネコ役です)

そして去年、私は30歳になりました(汗)
(いいのよ、女は30から味が出るっていうでしょ!?…30かぁ。。。泣くため息
茜 1821
去年はできなかったことがたくさんできました。
神戸名物ルミナリエを見に行ったり…
★2

★

初USJにも行けました♪
★

★2

ちょっと前後するけど…紅葉も見に行きました。
★


本当に、数え切れない思い出がいっぱいの年になりました。
そして、今年のお正月。
年末から、去年は堂々と帰ることができなかった実家に長期帰省です!!
(めっちゃ嬉しい♪ブルー
毎日働いているからジックリ茜と過ごすことができなかったけど、
このときばかりはと、いっぱいいっぱい家族の時間を堪能しましたウインクハート(オレンジ)
あーちゃんは大好きなおじいちゃんおばあちゃんの元、のびのびと遊ぶ毎日。
茜 1912
買い物も勇ましく真似っこで着いてきます(笑)
茜 1926
こんな風にお風呂から出ても服を着ずにいられるのは優しいおばあちゃんがいるから…??
茜 1916
もちろん、毎日毎日お外への散歩も欠かすこともなく
茜 1924
オセチも堪能
茜 1935

私はといえば…当たり前の毎日や、普通のお正月や、
そんなことが本当は当たり前じゃないことに気が付いたお正月休みでした。
普通に過ごすことがどんだけ大変なのか。
焦っても仕方ないし、のんびりすぎるのも良くないし。
ちょうど良い加減ってのが実に難しい。
でも、やっぱりこんな夕日や
茜 1882
清々しい空を見て
★
茜と過ごす毎日が、思い出が増えていくことに
幸せを感じずにはいられない、
そんな新しい年の幕開けです。
茜 1954
どうぞ今年もボチボチしか更新できないけど、
茜と出海のブログをよろしくお願いします♪
では、最後はこの写真で…
★のコピー
ポニョの歌を毎日歌うようになった茜。
そんな茜の成長がこれからも楽しみな一年になりそうです手書き風シリーズ矢印上







未分類 | 03:55:26 | トラックバック(0) | コメント(14)
自分には何ができるのか。
自分にできる何かを、私はいつも求めてきました。
中学生のころ、当たり前のようにされているイジメが、大嫌いでした。隠れて人の悪口を言うこと、それに便乗すること、それが私にはどうしてもできなかった。他人と自分が違うだけで、何故仲間はずれにされるのか。だから、私はよく先輩や同世代の人からいじめられたりした。そして、絶対にいじめられている人をほっとくことができなかった。どうしてって、いじめられることが苦しいことをよ~く知っているから。そうして、また自分がいじめられる。。。そういうことを何度繰り返したでしょう。かつて、いじめてきた人がいじめられたときも、私は迷わずその人の味方になりました。そいうことを繰り返しているうちに、いつのまにか、私はいじめられることはなくなりました。
高校生のときは、さすがにいじめられることはありませんでしたが、やっぱりどうしても、みんなに隠れて陰口をたたく人とは、仲良くできませんでした。
そして、大学生。モンゴル語を専攻しながら、外国に興味のあった私は、経営破綻したあの英会話学校にて英語を勉強をしていて、外国人の先生の一言に目を覚まします。『日本人って外国のことには興味をもって勉強したりするけど、自分の国のこと知らない人が多いよね』って。そこから、私の目線は大きく変わりました。モンゴル語を専攻しているにも関わらず、アイヌ民族のことについて研究の焦点をしぼりました。大学3年生。モンゴル語のゼミだというのに、私はアイヌのことを調べて発表します。調べ方も文書の中からではなく、実際に北海道に2ヶ月の放浪をして。本当の姿を、知りたかったから。今の彼らがどんな風に苦しんでいるのかを、知りたかったから。そうしないと、文字には、自分の言葉にはできないと思ったから。そして、今でもそのときの経験は大切な宝物。なぜって…??苦しんで知る民族の姿だけではないんですよ、本当は。苦しみ、嘆き、悲しみ、そして前を向いて行動をする。そんな当たり前のことは、残念ながら、本の中からは出てきません。実際に経験して、色んな誹謗中傷もうけながら、その中から見えるものって、本当に真実だと思うときがあります。一般的にマイノリティーと言われている人たち、それは、普通の日本の生活の中にもあります。そして、社会はそれを受け入れないことが多い。でも、その中から学び、自分の力を信じて進むことはできるのです。進もうと、努力をすること。それは、私が大学4年間の中で学んだこと。そして、それを目の当たりにしたとき、自分は何ができるのか。

突然真面目な話、ごめんなさいね。
今日は、久々友達のブログにお邪魔する時間ができて、訪れたKAZUYAさんのブログ。KAZUYAさんはね、とっても沖縄の空と海と人を愛する真っ直ぐな人。大切な友人。(勝手にごめんね~、KAZUYAさん)その彼のブログの記事に載っていた美里さんを救う会
美里さん

援助や募金。日本には日常茶飯事のように行われていますよね?私、どうしてもあれが好きになれない。(ブログにされている方もいるのに、ごめんなさい。)どうしてか、その募金がどういう風に使われているのかをモンゴルで見たからかもしれません。募金が、ちゃんとそのタイトル通りに苦しんでいる人には届かないことは、モンゴルだけではなく、いろんな国で起こっている問題。そして、私たちの何も知らずにする募金で、さらに苦しむ人たちがいるんだと、そういうことを目の当たりにして、私はどうしても、募金等の話は避けてきました。でもね、そういう問題のせいにして、私のように何もしないのも間違っているのかも、って思うときがあります。KAZUYAさんの真っ直ぐな言葉に、そんな自分を考えさせられた。そして、どうしてでしょう、私も美里さんと同じ母だからかな、無条件に力になりたいって、心から思えた。みなさんが、いつもこのブログで私を励ましてくれるみたいに、私も自分以外の人に何かできることがあるのでは、と。
美里さん2

この親子の笑顔が、続いてほしいと、心から思うのです。
だからね、ココで紹介しようと。

私はコレを見て、自分には何ができるのか、もう一度しっかり考えようと思ったのです。
KAZUYAさん、ありがとう。
こんな形だけど、協力させてね。

未分類 | 21:14:43 | トラックバック(0) | コメント(10)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。