■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ウレシイコト。
とってもウレシイコト。


blogを始めて知り合うことになった方に


幸せが舞い降りた。


(KAZUYA氏blog)


blogを見ていた限りでは、


なんだかそんな気がしていたけど、


とっても嬉しかった。


会社で昼休みに


少し1人でウルッとしてしまった。


blog上でのお付き合いだったのに、


なんだか他人とは思えない人。


そんな存在。


昔から知っているような、


そんな感覚。


今まできっと苦しみを断ち切れず、


いろんなことを抱えてきたんだと、思うよ。


だからね、


だからこそ、


幸せをいっぱい感じて生きて欲しい。


で、その幸せを


奥さんに、子供さんに、


いっぱい注いでほしい。


私は彼の新たに進みだす時間を感じて


自分の昔を思い出したりして。


人生の苦い経験は


人を豊かにする。


だから、過去の自分もすべて


愛してやってね、KAZUYAさん。


私も大好きなこっこの歌の中から、


この歌詞を贈りたい。


【しなやかな腕の祈り】

強い人と想っていた
その腕は
たくましく
天へ伸びていたから
ひとり生きる人だとそう
決めつけた
その足は
いつか傷ついていた

産まれ おちて
明日を探し
何かを捨てて
誰かを失くしても
私は求めた

指先から
こぼれる愛を集めて
全てあなたにあげましょう
おねむりなさい
このしなやかな腕に
体を横たえ 泣きなさい

あなたを抱いて 揺れながら

帰りたいと目指す海は
あたたかく
帰れない
やさしい風の中
次の雨に打たれる時
ひとりだけ
ふり返る
だけどまた
お日様を浴びたい

残せるものは
どこにもなくて
あなたもいつか
わたしもいつか
消えていくけど
空は流れて

指先から
こぼれる愛を集めて
全てあなたにあげましょう
おやすみなさい
このしなやかな腕に
体を横たえ 泣きなさい
世界中に
こぼれる愛を集めて
全てあなたにあげましょう
おかえりなさい
このしなやかな腕に
体を横たえ 泣きなさい

言葉を止めたら この腕に
あなたを抱いて 揺れながら

スポンサーサイト
出海 | 00:57:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
子供って。
なんだか、書きたい気分。

今日、久々に兄夫婦の家族と会った。

兄夫婦の子供は現在2歳。

そして、男の子。

その元気さと奔放ぶりには

周りのみんなが息を呑むほど。

でも、そんな時期を

あーちゃんも通り過ぎてきた。

今、あーちゃんは4歳。

ヒヤッとするほどの怪我もあったし、

他の子を傷つけたこともあった。

そして、今ようやく4歳。

子育てしてて思うのは、

親は子に育てられるってことと、

決して子供は思い通りにならないってコト。

性格の困った部分も、

何気ないきっかけで子供は変わる。

毎日一緒にいる私も驚くぐらい

簡単なきっかけで。

周りの人間は悩むこともあるけれど、

子供は子供自身の力で

解決をしてしまう力を持っている。

そのとき、私たちができるのは、

この子はきっと乗り越えてくれると

信じて見守る、そんなコト。

見守っている誰かがいるだけで、

信じられないがんばりを

見せてくれる子供。

そんな姿に親は教えられる。

この笑顔が、

すべてを一瞬にして幸せにしてくれる。


smile.jpg


茜と過ごすことのできた

毎日に感謝。

ただそれだけ。


出海 | 22:28:41 | トラックバック(0) | コメント(4)
一年ぶり
今日はめずらしく私の話題。


髪の毛、切りました。
あ、先に断っときますけど、
失恋してませんからね(笑)



実に一年ぶりに。。。。(汗)
本当は、パーマかけるつもりでのばしてたんやけど

ふたり3

わかるかな、この写真で。


でも、不思議。
髪の毛切った自分を見て、
すごくスッキリした気持ちに。


iuzmi-024.jpg



どうでしょう??
(笑)




出海 | 01:08:17 | トラックバック(0) | コメント(6)
初体験
タイトルを見て。。。

変な想像はしないでください。。。笑

今日は、本当におバカな初体験のお話。

今日ワタクシ、初救急車体験しました。。。。。。。。。。。(涙)

笑わんといて!!お願いやから!!

悲しい

会社に行く途中、駅の階段つまづいて、上から下までゴロゴロと落ちてしまいました。
落ちてすぐに駅員さんに運ばれて、左足が動かなくて。。。
救急車をよぶことに。。。
そして、病院に搬送。

しかし、診断の結果ものすごい打ち身ってことで。。。

絶対足折れたと思った!!
ヤバイって、何回も心の中で叫んで、
茜を迎えに行くのどうしようとか!!!
夕飯作れなかったら、洗濯できなかったらとか、いっぱいいっぱい頭の中でグルグルと。
まず、病院からどうやって家に帰るんよ!?とか。。。
でも、結果大丈夫と分かったら、さっきまで歩けなかったのが嘘のように、
足が動きました。。。。

す~、は~、。。。

ハイ、深呼吸しました。

ホント、情けない。。。
落ち着きのない三十路女です、ワタクシ。。。
ドンくさいったらありゃしない。。。

私が駅で倒れたとき、助けてくれた皆様、ありがとうございます。
そして、救急車の中、ずっと優しく声をかけて質問してくれた救急隊員の新人さん、
ありがとう。

そして、心配かけた皆様、申し訳ございませんでした。。。
謝罪茜



出海 | 17:24:50 | トラックバック(0) | コメント(4)
いつか一緒に行きたいところ
今日は、少し昔の話を。
私が大学生のときに専攻していたのは、モンゴル語。
『え~、そんなことをしていたの
『ハイ、そうなんです』(笑)
なぜモンゴル語なのか。それはなんか自分でもよくわからないんですけど、今でもモンゴルが大好きです。大好きなものに理由なんか要りませんよね?(要らないと言って!!)

先日写真の整理をしていたら、モンゴルに留学していたときの写真が出てきました。
留学当時、あのアメリカのテロの3日後ぐらいにモンゴルに発ったことや、私情が理由でモンゴルにいたのは予定より短かったけれど、今でも思い出す風景。以前ココで紹介したことのある、大親友と一緒にモンゴルのウランバートルという首都で生活をしていました。
茜 1223
↑Oコレ、大親友と私の大学生のときの写真。(二人とも若いわ~笑)
私がモンゴルで知りたかったのは、少数民族と言われるモンゴルに居住しているトゥバ族について。日本で大学生をしていたときに、日本のアイヌ民族について北海道に実際に行って調べていたこともあって、卒論の際、その観点でモンゴルにおいても調べたいと思い、モンゴルではトゥバ族の人と会いました。少数民族にはとても色んな問題があること、どこの国においてもそれは否めません。今、北京で開かれている中国オリンピック。その裏でいつも流れてくる新彊ウイグル自治区の話も、大学生のときにだいぶん色んな資料を読みました。でもね、いつも資料やニュースから得られるものは「第三者的な」ことばかり。実際に足を運んで、実際に色んな会話をしたり、生活をしたり、そうすることが一番何かを理解する大切なことだと、大学生のときに私は学びました。

そして、今は私、日本で平凡な母になりました。
子供である茜に思うこと。
それは、いつか茜も色んなものを実際に見て生きていってほしいということ。

その中に、私と一緒にモンゴルとかどうかな?あーちゃん。
いつか一緒に見たい風景。いつか一緒に行きたいところ。
それはいっぱいあるんやけど、やっぱモンゴルやね。
茜 1197


出海 | 03:33:08 | トラックバック(0) | コメント(4)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。