■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
私の。。。
今日は、私のことについて少し語ろうかと思います。

茜が生まれてきてから、一人のときは自分でも母親をしていることが信じられないときがあります。というのも、茜が生まれてくるまでの私はまったく反対。自分のやりたいことに突っ走って、家に帰る時間はほとんどありませんでした。浪人までして入った大学。モンゴル語という特殊な言語を専攻、留学までしたにもかかわらず、大学を卒業して就いた仕事は音響(マイクやスピーカーをセッティング、音のチューニング等音に関する仕事)という大学とはまったく関係のない仕事でした。親はもちろん反対、職人的で、おまけに肉体労働も男女に関係なくこなさなければいけないし、給料ももちろん安いし、時間も不定期、徹夜なんてざらで、いつ家に帰ってくるかもわからず、帰って一緒にご飯を食べるのも年に何回かしかありませんでした。
それでも、私は今までのことを少しも後悔したことがない、と茜が生まれてくるまでは、そう思っていました。モンゴルに行って外国を見てきたり、仕事も好きな仕事を思いっきりやってきたのだから。でも、明らかに私に足りなかったこと、それは家族との時間だったと思います。それでも、結婚して、茜が生まれてくるまで、臨月になるまで仕事をしていた私。みんなに『よく仕事しながら頑張ったね』なんて言われたけれど、今考えてみると、なんて感謝のない日々を過ごしていたのか。。。って思います。
茜が生まれて、毎日家にて家事・育児をする毎日。ガラッと変わってしまった毎日の中で、親のありがたさが、ちょっとずつわかるようになってきました。今まで私は母に何もできなかったというのに、私の母は、忙しいのに、心配して、いつも電車で1時間ぐらいかけて家に来てくれます。手には、めっちゃ重い、大きな、食べ物やプレゼントの入ったカバンを持って。『茜ちゃんに会いたくて、来ちゃった』なんていつも笑顔で言っているけれど、ろくに花嫁修業もできなかった娘を心配しているということは、いつもカバンの中身と重さでヒシヒシと伝わってきます。
自分の歩いてきた道に後悔は今もないけれど、でも、今からの私にできることがあるとしたら、父や母に感謝して、ちょっとずつ今まで何もできなかった時間を埋めていくことなのかな、って、風に髪を振り乱して、寒い中、忙しい中、茜と私に会いに来てくれる母を見ていて思いました。『母は偉大なり』とか『母は強し』なんていう言葉がありますが、そんな言葉だけではほんと、足りないなぁって。。。
母とまったく正反対の性格な私。大雑把で気が利かなくて、おまけに気が強い私。いつかは、母のように、笑って自分の苦労も苦労とも思わずに、誰にでも優しくできる人間になれるのだろうか??なかなか難しいけれど、でも、私は私が今できることをまっすぐにやっていこうと、茜に対しても、母に対してもそう思います。茜が生まれてきたのは、今まで自分勝手に突き進んできた私に、そういうことに気付かせてくれるための、誰かさんの仕業かもしれませんね。



スポンサーサイト
出海 | 00:01:08 | トラックバック(0) | コメント(4)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。