■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
銀河鉄道999
茜 1006

さあ行くんだ その顔をあげて
新しい風に 心を洗おう
古い夢は 置いてゆくがいい
再び始まるドラマのために

あの人はもう思い出だけど
君を遠くで見つめてる

日が落ちかける空を見て、何度も何度もこの歌を口ずさみました。この曲、今の私のテーマソング(笑)みたいなもの。けれど、この曲、くしくも結婚式の退場で使った曲。新しいスタートのときは、いつもこの曲が頭でグルグルと…笑う絵文字名を入力してください

今日は、仕事の面接に行ってきました。とはいっても、しばらくは時間が不定期なことが多いため、派遣のお仕事の登録&面接です。私、職歴を書いたときに思いました。何も資格がない。。。汗驚く。一応パソコンでEXCELやWORDなどは使えるんですけど、予備知識もないまま、すべて自己流。。。だから、紙面に書いてもなんだか心許無い感じが…あはは。。。あ~、なんか取っておけば良かった、と今更ながら思うのです。通信教育でもやるか~。。。せめて、英語はできるようになっておいたら役にたつのかな??とは思いました。仕事が決まるまで、しばらく時間がかかりそうだし、なんか自分磨きしよう、そう心に決めた一日でした。今からでも遅くはないよね…??ないと言って絵文字名を入力してくださいでもね、ちょっとした社会常識テストは90点、漢字テストは70点、PC文字打ち込みテストも上から2段階目。数字打ち込みテストは普通ですね~でも、ミスがかなり少ないので、いい方だと思いますって言われましたョ。

先日、茜の保育園も見てきました。もちろん今から認可保育所には入れられないみたいなので(定員がいっぱいでした)、駅の近所のちょっと高いところにはなりますが、見学に行ったときに、茜は大はしゃぎ。お兄ちゃんやお姉ちゃんにボールを持っていって『いらんわ~、あっち行って!!』とボールを投げ返されても、めげずに取りに行って、また、同じようにボールを持っていっていました。茜、遊んでもらっていると思っていたみたい。。。保育所の先生が、『最近には珍しいぐらい人懐っこい子ですね。人見知りもなさそうだし、お試し保育も少なくていいんじゃないですか?きっと、茜ちゃんも楽しめるとおもいますよ』と言ってくれました。ちょっとホッとしました。あとは、私がいなくなっても大丈夫かどうか、ってところですね。しかしまぁ、保育料金の高いこと、高いこと!!でも、仕方ないか、仕事をしていくためには…という感じです。

さてさて、今日の茜ちゃんです。
茜 1037

歩くとピュッピュッと音のなるスリッパを履いて、一緒にゴミ捨てに行き、しばらく暖かい朝日の下で遊びました。音がなる靴、茜はとっても気に入っていて、歩くたびにちょっとダンスみたいにクネクネ、足を踏み踏み音符とても楽しんでおりましたにっこり茜のこの満面の笑みが、今の私のパワーの源。茜のこんな顔見れたら、おかあちゃん、がんばっちゃうハートということで、茜共々『再び始まるドラマのために』少しずつ歩き出した1日でした。

スポンサーサイト
出海と茜 | 01:07:48 | トラックバック(0) | コメント(10)
離婚相談
今日は、神戸はとても良い天気です太陽少し清々しい風も吹いていて、洗濯日和。朝起きてから、天気がいいというのに、なんだか心はズ~ンと重たい感じ。というのも、今日は市の法律相談の日。弁護士さんに一度話をしに行ったときもそうでしたが、やっぱり、こういう場所に行くのはとっても気が重い。天気いいのに、洗濯物干しながら茜とベランダに水をまいたりしながら何度も深呼吸してみたのに、桜が咲き始めた道を歩いたのに、何をやっても自分の心に陰りがあることにどうしても自分で気付いてしまう。
朝ごはんをいつものように茜と食べて、家の掃除、洗濯も済ませて、出かける準備をして…ちょうど12時に始まる相談にぼちぼち歩いて出かけて行きました。区役所に着くと、相談会をやっている会議室で用紙に記入し、自分の番が回ってくるのを茜と二人待っていました。待っている間、お腹をすかせてちょっとぐずり始めた茜にパンを食べさせて、お腹いっぱいになってご機嫌に歩き回る茜の後ろをついて回って…そんな間も、少し何を聞きたいのか、頭で整理をしながら…前回、弁護士さんのところにお伺いしたときは、私の話の仕方も悪かったのか、ウチの親も一緒だったせいか、聞きたいことがうまく聞けず、的を得た答えも返ってきませんでした。2時間話をしたけれど、弁護士さんは、自分がこのややこしい離婚事件を担当する気満々で、示談より調停、調停がダメなら裁判、と、躍起になって話をしているのがミエミエで、少し嫌な思いをしました。そして、そのときも茜を連れて行っていたのですけど、案の定、茜はもうこんなところにいたくないと、何度も逃亡を謀り、普段、少々嫌なことがあっても泣き喚いたりしないのに、ものすごい剣幕で泣き、ぐずり、私が抱っこしてトントンしても、しばらく治まりませんでした。そのイメージがとても私の中で強く残っていて、どうしても、話をしに行く気にならなかったのです。でも、そんなことばかりは言ってられないと、区役所に行きました。最初、待ち時間はご機嫌だった茜、私の順番がきて話を『さあ始めよう』というときに、前回の弁護士さんのところに行ったときと同じ状態になりかけました。いつもは、何か好きなもの一つで遊んでいたらご機嫌なのに、今日の茜はなにをしても治まりません。立って抱っこしながらでも、大好きな紙と鉛筆を握らせてもらっても、ジュースを飲んでも、お菓子を食べても、すべてイヤイヤです。大きな声で叫び…それで、ふと気が付きました。私の気が重たいのと、この手の話をしているとき、茜はいつもこうなります。1歳の子どものなんと敏感なこと。。。そして、私、1歳の子どもになんという嫌な思いをさせているんだろう、と。そして、時間があまり長くない私の口から相談員の方に話した第一声。

『調停をするための、手順を教えてください』。

この言葉が、簡単なことのようで、なかなか出てきませんでした。前回の弁護士さんとの1件では、あれこれ理由をつけては、慰謝料を請求できるのかできないのか、そんなことをクドクドと話をしていたのです。できるようなら、調停しようと。できなさそうなら、養育費のみにしようと。そんな逃げ道を作りながら。旦那さんに嫌な思いをさせたくなくて。お金のことの話を始めると、途端に現実に引き戻されて、本当に悩むことが多くて仕方なかった。けれど、私のこの毅然とした話し方で、相談員さんが、しっかりと色んなことを教えてくれました。そして、その瞬間、茜の様子も少し落ち着いてきたのです。そのおかげで、かえって時間を長く持つことができて、ジックリ話を聞くことができました。家裁に調停申し立てに行く手順と、必要なものと、そのことのために今できること。そして、今までの話し合いで出てきた不明点。お金がないから、慰謝料なんて論外、養育費もちゃんと払えるかわからない、ということも含めて、旦那さんが家に帰ってこない理由は私にあると言われていることなども。だから、慰謝料がもらえるかどうかもわからないと言うと、相談員の方が丁寧に色んな手段を教えてくれました。『もらえるかどうかわからなくても、ちゃんと調停をして決めてもらった方がいい』と。

しばらく話をして、区役所で他にも母子手当てのことや、住居のこと、仕事のことなどもちゃんと聞いて、だいたい何が一番やらなければいけないことなのかが分かってきました。まずは調停申し立てをすること、そして、収入源を確保するために仕事をすることと、これからの住居の確定が必要みたいです。『それをアナタがちゃんと選んで決めることが大切ですよ、子どもさんのためにも』と、相談員の方からも言われました。どうしてなんでしょうね、決して良いコトを話に行っているわけではないのに、少し励まされた気持ちになりました。そして、今日の茜のことを考えると、一層私がちゃんと決めて進んで行かなくてはいけないことがよく分かりました。
相談の後、茜と天気のいい神戸の街を歩きました。茜の涎掛けが染みになっているものが増えてきて、何度漂白・洗浄しても取れなくなってきていたので、茜の新しい涎掛けを少しと、茜のベランダ用のスリッパを買いました。昼前に家を出たのに、家に帰り着いたのは3時です。茜も昼寝の時間をとっくに過ぎていて眠たかったのでしょう。ママの顔色を見て、気を使って疲れたせいもあるでしょう。家に帰ってしばらくすると…
茜 1031

変な格好のまま…
茜 1032

グースカピーです笑このかわいい寝顔に、何度も救われます。自分が母親になったんだと実感します。そして、この寝顔を守りたいと。もう少し踏ん張って、これからが少しずつ進んでいけばいいなぁと、祈っています。


出海と茜 | 17:39:37 | トラックバック(0) | コメント(9)
心の整理
離婚の話が決定してから、あっという間に一週間が過ぎ、もう、三月も終わろうとしています。離婚が決まってすぐにしたことは、弁護士の方に話を聞きに行ったこと。ウチの両親は、養育費も慰謝料もしっかりもらいなさい、それはすべて茜のためなんだから、と私にずっと言い続けました。普段は家にいても茜のこと以外では話もしない兄からも、その件については電話がかかってきたぐらい…。みんなの心配や、みんなの支えも、当事者の私にしたら、どう判断していいものか、ものすごく迷うところが多かったのです。
というのも、旦那さんの両親に話をしに行ったときのこと。
今までの生活費やお金にまつわることを話していたとき、旦那さんのお母さんが言いました。『H(旦那さんの名前)は、私たち両親にも借金をしているぐらいで、お金が全然ないのよ。養育費も、本人は月に7万払うって言ってたらしいけど、絶対にそんなに払えないと思うのよ。お金のことは、もっとちゃんと決めてほしい』って…要は、ないところからは取れないから、お金で調停するのはやめてほしいってコトですね。良くも悪くも、結局その言葉が頭に引っかかって、弁護士の方に話を聞いても、どうしても決めれませんでした。調べてみると、旦那さんは私と同じ仕事(音響)を会社をたてて一人でやっているのですが、その仕事仲間の会社からも借金をしている様子。しかも、その返済期限が今月末。もし返せなかったらどうなるのか、それはきっと、自営業をしている人ならよく分かると思います。もちろん、信用がなくなり、仕事がなくなります。そんなことに考えを巡らせてばかりいました。でも、今日、ようやくちょっと気が付いた気がします。調停でお金の話をややこしくするのはやめてという向こうの両親の言葉を気にはしても、ちゃんとケリをつけなくてはいけない、っていうこと。それは、良くも悪くも、茜と二人で生きていくための、自分の心の整理でもあるんだと、思いました。
そして、もう一つ。離婚するに従って必ず付いてくる、私の仕事。
今までは音響という仕事をして、土日の世間一般の休みの日も、仕事三昧だった私。でも、茜が生まれてからその考え方が少し変わったことを、前に一度ブログに書きました。茜が、音響という仕事より大きいことに改めて気が付きました。この仕事は、やっぱり茜と二人の生活をしていくにはちょっと、きついと感じるようになってきていたのです。先日の土日に仕事で現場に行っていたのですが、代わりのきかないこの仕事に、少し不安を抱きました。でも、私の夢だったんです。バリバリこの仕事をしながら、茜を育てていくのが。諦めきれない気持ちが渦巻いていました。でも(でもばっかりでごめんなさい 汗)、やっぱり一番は茜です。茜と二人でいられる時間が何より一番大切だと思います。茜との時間を優先するには、この仕事はやっぱり向きません。とにかく、茜が一番です。茜が寂しいって思わないように、心がけなくては。音響を、一時お休みすることに決めました。

お金がない私たち、来月の四月には今まで過ごしたこの部屋も引き払われて、私たちは出て行かなくてはなりません。明後日には、市の離婚相談にもう一度話をしにいくことにしました。どうなるのか、不安はいっぱいあるけれど、とりあえずやるだけやって、答えを待ちながら、仕事を探して、新しい生活に踏み出そうと思います。

今でも、思い出す場面。
家を出て行った旦那さんが久しぶりに帰ってきたときのこと。
茜はもう、それはそれは喜んで、パパに抱っこをせがみ、パパとしばらく遊んでいました。茜の眠る準備が終わって、寝室でパパと私と茜の3人でしばらく家族の時間を過ごしていたときのこと。パパと、私が少しはなれてベッドに座っていたら、茜がその間に来て、私とパパの手をつなぎ、ニッコリしました。そのときの笑顔が忘れられません。『パパ、ママ、大丈夫、私がおるから大丈夫やで』と、言ってもらっているような、そんな気持ちになりました。だからこそ、もうダメだと思っても、もう一度がんばろうと、思い直せたんだと思います。そして、茜と二人、パパの帰りを待つ半年は全然無駄じゃなかったと思います。気持ちは結局届かなかったけれど、茜は本当にたくさん私に笑いかけてくれて、私も茜との時間でたくさん救われました。そして、その時間があったからこそ、茜を1番に考えたいと思うコトができるんだな、と。

ようやく、少し心の整理がつき始めたみたいです。

さてさて、そんな母の決断をよそに茜は…
仕事の間は実家に帰っていたのですが、茜は私の実家でイタズラをいっぱい頑張っておりました(笑)
茜 1028

電話台の前に積んであった荷物によじ登り…
茜 1027

ピッピッピ♪
茜 1029

リビングで傘を広げてもらって、傘をクルクル。
茜は、ちゃんと日に日に成長してくれています。
茜との人生を、これからもちゃんと、少しずつ進めますように。


出海と茜 | 01:24:48 | トラックバック(0) | コメント(4)
またまた成長
茜は、最近毎日の生活の中から本当にたくさんのことを学んで、習得していっています。その速度が最近はとっても速くて、ビックリします。ほんの些細なことも、私と一緒に何かをできるのが嬉しいのか、そばで手伝っている(つもり)だけで、満足そう。
最近実家の近所の人にもらったお下がりのエプロンをして…
茜 1009

ベランダの掃除も、ちゃんとタワシでゴシゴシ…
茜 973

たまに水で遊んだり…
茜 976

そして、どんどんその芸(笑)も細かくなってきています。その中でも、今日は特別嬉しいことをしてくれました。にっこり
茜 1024

わかりますか??犬のオモチャの口に『あ~』と言いながらスプーンを入れています。きっと、この茜の発する『あ~』という言葉は私がご飯をあげるときに言っている『あ~ん』のつもりだと思います。私、この仕草がなんだかとっても嬉しかった。いつも自分がしてもらうことを、別のモノにしてあげている茜が、ちょっとお姉さんに見えましたキラキラえらい、えらいよ、茜!!といっぱい頭をクシャクシャにしてしまいました笑
本当にこれからの成長が楽しみでたまらないですね↑

| 01:28:39 | トラックバック(0) | コメント(12)
器用…??
朝の茜から1枚。
器用…??なのかな??苦笑
茜 981

テレビ見ながら、小指たてて、おまけに足も御開帳。
誰に似てん!?誰の真似やねん!?

。。。

ハイ、きっと私です笑

| 16:07:43 | トラックバック(0) | コメント(7)
笑顔・笑顔・笑顔!!
今日は、一日雨でした傘
普段はね、雨の音大好きなんです。ピチャンピチャンと雫の音。車が通るとザザーって音。でも、やっぱり今は、少し、ココロに染みる感じがします。
こんなときこそ、茜に元気をもらおうと思いますにっこり
最近、とっても表情が豊かになってきた茜。笑い顔もいっそう楽しそうに、嬉しそうになってきました。
まずは…
茜 977

『ご飯早く作ってよ~』と催促気味の茜。最近『キューピー3分クッキング』に異様に興味を持ち始めた茜。私が台所に立つと、ずーっと下から私の作業を眺めたり、まだ出来上がってないのに、リビングの自分の椅子に座って手を合わせて『いただきます』をしたり苦笑
次は…
茜 991

最近習得した『関根勤風笑顔』。テレビで関根勤の笑う姿を見て、いつの間にかこの笑いを習得しておりました(笑)
そして…
茜 1017

ちゃんと、『きゃはは』という声を発して、手を叩く笑い方。すごい、手をつけることができるまで成長していたなんて…と、母の私もビックリしましたよ。
最後に…
茜 1020

これ、愛想笑いです。リビングのテーブルの上によじ登ると、いっつもお母ちゃんに『メッッッ』って言われるので、この表情を習得したみたいです笑う絵文字名を入力してください何か悪さをしているとき、私が声をかけるとこの表情をします。あ、たまに聞こえないフリもしたりしています(笑)そんなときは、もちろんコチョコチョの刑です。

こんな風に、私たちはいつものように、ボチボチやっていけそうです。茜の笑顔に元気や生命力をたくさんもらいながら、私も少しずつ頑張るつもりです。今の気持ちは…『茜がそばにいてくれて良かった』ですね。茜の存在が何よりも大切だと思います。そして、茜を笑顔にするために、私も笑顔・笑顔・笑顔!!です。

私の母が、今回のことを迎えるに当たって私に言ってくれました。『大丈夫、苦労はしないより、した方がいい。今を乗り越えたら、出海、もっともっと優しくなれるから、大丈夫』と。そして、それを聞いていた父も『これから、幸せになろうな!』と。嬉しくて嬉しくて、何よりも心強くて涙が出ました。乗り越えるまでには、まだまだ時間がかかりそうですが、ゆっくり私たちは私たちの目の前にあることを、毎日、精一杯やっていくこと、それがきっと、何かを乗り越えさせてくれると信じて、感謝と共に歩んで行きたいと思います。

みなさんにも温かい言葉をかけていただき、感謝しています。ほんとうにありがとうございました。これからも、よろしくお願いします!

| 01:50:10 | トラックバック(0) | コメント(20)
大事な話
まず、何日も皆さんの問いかけに答えることができなかったこと、謝らせてください、ごめんなさい。
今日は、とっても大切なお話です。
ブログを始めて、こんなに長い間ブログを更新できなかったことは初めてです。
それには、深い訳があります。言い訳、させてくださいね。

先週の、私と茜の人生は大きなターニングポイントを迎えました。このブログによく遊びに来ていただく方には、もしかしたら気付く点もあったのでは、と思いますが、去年の途中から私は旦那さんと別居状態にありました。それも、来月で半年になります。その、決着が先週の木曜日にやっと付きました。そうです、言葉にすると悔しくて、悲しくて、とても書くことができませんでしたが、いはゆる『離婚』です。
こうなった原因は、私にも、旦那さんにもありました。コトの発端は旦那さんにいた、別の人の存在でした。茜が生まれてからしばらくして、私はその人の存在に気が付きました。出張で名古屋だと言っていた日に遊びに行ったテーマパークの入場券が出てきていたり、好きですと書かれた手紙がカバンから出てきたり。そしてもちろん、旦那さんに問い詰めました。最初は『違う』と否定していた旦那さんが、忘れもしない入籍記念日の日に、『実は結婚前からだった』と話しているのを聞いて、私の中で何かが崩れていくのを今でもよく覚えています。結婚前に私より前に付き合っていた人で、私との結婚(できちゃった婚)で一度別れたけれど、茜が生まれてから、私と上手く行っていないことを相談するために幾度も会ううちに、元に戻ってしまったそうです。私が子育てに必死になりすぎて、旦那さんと衝突することが多かったのも確かで、私も悪いところがあったのだな、と一度はやり直す決意をしました。彼も、その相手とは別れたと言ってくれました。けれど、そのときに彼が言った言葉を、やはり私は許すことができなかったんだと、今になって思います。『出海と茜の未来と、その人の未来を天秤にかけたら出海と茜との未来の方が見たいと思った』と。私は、嬉しいような、悲しいような気持ちが入り混じりました。天秤にかけるって…??そして、そのハテナは、きっとずっと彼を厳しい目で見る結果になったんだと思います。正直、信じることができませんでした。茜をどこかに連れて行こうと言っても、その約束は結局破られることが多かったのもあります。実際、やり直すという約束をしてからも、彼はウソを度々つき続けました。小さなことは忘れようといっぱい我慢をしました。けれど、また、同じように、出張だった日にこちらに帰ってきていたことが、たまたま、ひっくり返っていた彼のカバンの中から落ちていた一日早くに乗った新幹線の切符で分かりました。そして、そのことを言うと、彼は言いました。『そんなに人の荷物を荒さがしして楽しいか!!』と。それを言われて、私も今までのすべてがせきを切ってあふれ出しました。それがきっかけで結局別居することになりました。それからは、何度か話し合ったり、お正月のときに茜のためにも、こちらに帰ってきてもらったり。そして、私は色々考えて、もう一度、茜のためにも、やり直せないかと彼に言いました。けれど、彼の答えは『すぐには答えを出せないから、待ってほしい』とのことでした。そして、しばらく待っていたのですが、その結果が先週出たのです。別居する前から、旦那さんはお金にはルーズでした。生活費がなくても、飲みに行っていたり、生活費からお金を持ち出したり、二人の貯金を使い込んだり。別居してからは、ますますお金をくれる回数は減りました。去年の11月と、今年の1月と、3月。半年の間、家賃、光熱費、食費、保険代等すべて私が払っていたにも関わらず、すべて合わせて38万しかもらえていませんでした。経済的にも、もう限界だということを私から告げ、やっと話が進み始めました。まずは二人で大体の話し合いをして、決めたことを彼の実家に話に行って来ました。最初はもちろん向こうのご両親にだいぶ責められ、私ももちろん話を一生懸命しました。やり直したいという気持ちを告げたけれど、それは無理だと言われたこと、経済的にももう無理だということ。そして、旦那さんに最後に念押しの確認をしたとき、旦那さんがやっと重い口を開きました。『傷つけたくなくて言えなかったけれど、茜のことを考えると離れるのは嫌だけど、出海のことを大事にしたいとは、もう、思えない』と。そのときに、胸につっかえていたものが、スッとなくなりました。『もしかしたら…』『もう一度…』という私の想いは、もう、届かないんだと。届かないくらいに離れているんだと。

行き着く結果は『離婚』でした。
頑張ってみたんですけどね、なかなか上手く行きませんでした。
こんな結果になってしまっても、不思議ですね、どうしても旦那さんを嫌いになんてなれないということが、今になって分かります。大好きな人の子どもを産めたこと、そして少しだけれど家族ができたこと、ものすごくそれは幸せだったんだと。これはキレイごとじゃなくて。本当に、愛していました。きっと今も。

さあ、またココからがスタートです。しばらくは、忙しくて更新もままならないことも多いと思いますが、このブログはやめるつもりはありません。別居中に始めたこのブログは、私の不安定な気持ちや想いを少しずつ保ってくれるようになりました。たくさんの人に色んな言葉をかけてもらい、ちょっとずつ、ちょっとずつ、力をもらって。私の今の姿を、だからこそ、隠したくないと思いました。ここに来て、声をかけてくれる皆さんが、私は、本当に大好きです。ありがとう。支えてくれて、ありがとう。心配してくれてありがとう。また、力を分けてください。支えてください。よろしくお願いします。

本当に、ありがとう。




出海と茜 | 01:15:02 | トラックバック(0) | コメント(18)
母の話
今日は、とってもいい天気太陽

昨日から、母と老人ホームにいるおばあちゃんに会いに行こうと話をしていたので、私の家の近所の駅で待ち合わせ。そして、電車でおばあちゃんのところまで向かいました。その電車の中での話。先週の水曜日、私の兄とおばあちゃんのところに行った母。その前日、変な夢を見たと言う。
『おばあちゃんがな、白装束着て実家で寝ててん。その横にな、キヨミ(母の亡くなった妹)がおってな…。私は実家から自分の家に帰るところやってんけど、一緒に来た茜ちゃんがおらへんくって探しててん。そしたらな、キヨミがコソコソ隠れて茜ちゃんおオムツ変えたり抱っこしたりして、茜ちゃん返してくれへんねん。それ見て、ヤバイと思ってな、必死に取り上げて家を出て、つけられへんように急いで家の外を歩き回ったっていう夢見てん』と。私も、少しゾーっとして、聞いていましたが、そのあとに母が続けて言いました。『そしたらな、この前おばあちゃんのところに行ったら、介護師さんにな、「昨日大変やったんですよ~、Sさん(おばあちゃんの名前)39度の熱出して、意識がしばらくなくて…病院に行って点滴してもらって帰ってきたんですよ」って言われてん。もう、その話聞いたときな、あの時茜ちゃんを取り返しに行ってよかった~って思ったわ…』と。母がおばあちゃんに会いに行ったときには、もう熱も下がり、意識もしっかりして、元気だったという。
うちの母にはそんな夢の話が他にも何度かある。前にも一度、その母の亡くなった妹さんに、私が連れていかれようとしたのを引き戻したという話があった。そのとき、私は風邪ですごい熱を出しながら仕事をしていて、家にもあまり帰れていなかった。心配して、電話があった。『元気?大丈夫?』って。で、その後家に帰ったときにその夢の話を聞いて、ゾーっとしたのを覚えている。

母の姉妹は、母の姉と、母と、母の妹の3姉妹。早くに父をなくし、母の姉は早くに家を出ていて、母の母、つまりおばあちゃんと、母と、母の妹と3人で暮らしていた時間が長かった。母の妹、キヨミちゃん(私たちはいつもこう呼んでいました)とは、本当に仲良しだった。いつも、母とキヨミちゃんと私の3人で阪神百貨店に買い物に行ったり、ご飯を食べに行ったりしていた。そのきよみちゃんが亡くなったコトは、今でも鮮明に覚えている。キヨミちゃんは51歳で亡くなった。母はキヨミちゃんのお葬式のとき、泣き崩れてキヨミちゃんから離れなかった。その後もずっとキヨミちゃんがいない寂しさを引きずっていた。と、しばらくしてから…母の姉が亡くなった。ビックリした。一気に母の姉妹は二人ともいなくなった。母は、それはそれはもう、大変な時期を過ごした。その姉妹が、たまに母の夢に出てくる。そして、私や兄や弟や、茜を連れて行こうとするらしい。そして、そういうときは必ずと言っていいほど、些細なことだけど何かがある。不思議。キヨミちゃんの夢を見た母。しばらくちょっと考えていたら、そろそろ、キヨミちゃんが亡くなった日が近い。母が見た夢をその日の朝、父に話したらしい。そしたら、父が『キヨミちゃん、小さい子好きやったし、面倒見良かったもんな~、会いに来たら茜ちゃんが可愛くて仕方なかったんやで。生きてたら、いっぱい可愛がってくれたやろうな~』って言ってたらしい。お父さんナイス!良いコト言う!!と私は心で思いました(笑)母のナナメ~な気持ちを父がちょっと持ち上げた感じでした。
そう言えばと言ったら取って付けたように感じますが、ちょうどその夢を見たあたり、茜にも不思議な仕草が見られました。寝室の、壁とエアコンの間を昼も夜もジーッと見つめて、手を振ったり、笑いかけたり、指差したり。『誰か遊びにきたん??』って聞いたりしましたけど、キヨミちゃん、遊びに来てくれていたのかな、って思いました。

母の不思議な不思議な夢の話でした。
母は茜にとってはきっとナンバーワンの存在。というのも、いくら機嫌が悪くても、『おばあちゃん来るで!!』って言ったら、静まる茜。電話で声を聞くのも大好き。待ち合わせをしていても、母を見かけたら手足をバタバタ、ものすごい笑顔で抱っこをせがみます。母もまた、『茜ちゃんとおったら楽しいわ~』とニコニコ。いわゆる相思相愛(笑)
いつも。。。
茜 319

いつも。。。
茜 406

いつも。。。
茜 631

茜と母は一緒に笑っています。こういう母の姿を見ると、ホッとします。やっぱり笑顔が一番。そして、その笑顔を見に来た、母の妹も、母の姉も、きっと安心して帰っていくと思います。

出海 | 01:29:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
すごい、すごい!!
いや~オメデタイ笑う
何がって、カウンタ~が気が付いたら1000を越していたんですよびっくり驚く
私のブログははっきり言って一日にめっちゃたくさんの人がいらしてくれるような場所ではないということ、自分でもわかってました。いいんです、ボチボチ自分のペースで自分のお友達やら、偶然遊びにいらした方たちとコメで会話したり、遊びに行ったりできることが本当に楽しいから。でもね、なんだか最近、ちょっとずつ来てくれている方が増えてきて、ランキング見たら(←ビックリするぐらいランキングチェックしていませんでしたよ~笑)50位内に自分のブログの名前が出ていてビックリしました苦笑前なんか、ランク外って感じの位置にいましたからね~アハハ。それもこれもココに遊びにきてくださった皆様のおかげ!!ほんとうに、いつもいつもありがとうございます♪

そして、カウンター1000を越したらブログのタイトルの話をしよう!なんて考えていたので、そのお話を…ちょっと長くなるかも(汗)ちょっとお付き合いくださいね。

『i dream never die』これは、『a dream never die』という英語のことわざ(??)から変形させたモノです。a を i に変えたのは、もちろん出海(いずみ)の i 。『a dream never die』訳せば、『たとえ人が亡くなっても、その人の持っていた夢は死なない、夢は生き続ける(その夢を知るみんなの中で)』という意味だそうです。高校生の頃の英語の先生から教わった言葉。この中の a というのは『ある人』という意味ですが、その『ある人』の部分を私は自分に変えてしまったわけです。みんなの中で、私の夢が残り、夢が生き続いてくれるようにという願いを込めて。この、『a dream never die』という言葉には、ちょっとした思い出があります。話は高校3年生のころに。。。(あぁ、10年以上前だ。。。涙)
放送部員だった私。NHK杯っていうのが夏にありましてね、そのときに出すラジオ番組を作るため色んな人に取材をしたり編集したり…もちろん台本も自分たちで作って、差し込む音楽も自分たちで決めて…。そんな作業の中で、取材のとき、その頃の年はきっと59歳、私たちの卒業とともに定年を迎える英語の先生がこの言葉を教えてくれました。私たちはこの言葉がとっても気に入って、たしか、そのときのラジオ番組のタイトルにもしたと思います。その頃の番組制作メンバーと、制作に迷ったり悩んだり(暇だったり)したときに行くところがありました。図書室です。なぜかって、そこには私たちがとっても好きだった先生がいたから。その先生も私たちの卒業と一緒に定年を迎える先生でした。国語の先生で、学校に入ってくる本をすべて管理し、そしてちょっと女好きな、旅の好きな先生でした。その先生とは、本当に色んなコトを話したことを覚えています。お茶を飲みながら、お菓子を食べながら、日当たりのいい部屋でソファーに座って先生とおしゃべり。そんなことばっかりしていました。先ほども書きましたが、旅をするのが大好きで、休みになるたびにどこかに旅をし、旅行記をつけて、それを小さな本にして私たちにくれるのです。私は、その本が大好きでした。そして、もちろんその本を書く先生も。その先生が、高校3年生の夏に、亡くなったんです。夏休み、私たちが久しぶりに学校に来て、用事を済ませて図書室に向かう途中。図書室に渡る渡り廊下を友達と3人で歩いていたら、体育の先生が、後ろからすごい勢いで私たちを追い抜いて行き、図書室に入って行きました。『なんかおかしい』と感じた私たちも後を追います。いつも、静かな図書室がとても騒がしい。『M先生が倒れた!!息してない!!』って、体育の先生たちが、心臓マッサージ、人工呼吸をしていました。目の前でそんな状況を初めて見たものですから、私は足が震えて止まらなかったことしか覚えていません。初めて目の当たりにした『死』でした。その場で息を吹き返した先生、すぐに救急車で病院に運ばれて行きました。他の先生たちが、私たちの戸惑う表情を察して、『今日は帰りなさい』と一言。どうやって家に帰りついたのか、そんなことはもう全然覚えていません。でも、家に帰ると…電話が鳴りました。そのとき、はっきり覚えています。電話を取る前に、『あ、先生、死んだんだな』っていうことを誰に言われるでもなく感じ取ったことを。電話に出ると、やはり、友人からでした。『M先生、死んだんだって』電話の向こうの声はもちろん泣き崩れています。でも、私はそのときは涙が出ませんでした。その日の夜、慌しくお通夜がひらかれ、友人と行った時。やはり、お別れのときには涙が出ました。たくさん泣きました。そのお通夜の出席した生徒、卒業生の多いこと!そして、その全員が見事なほどに泣いています。最後に、先生の奥さんが言いました。『こんなにたくさんの生徒さんが集まってくれて、本当にありがとう、彼も喜んでいると思います。みんなの中で、彼が行き続けることを嬉しく思います』って。このときに、繋がったんです、私の中で、いや、番組を作っていたみんなの中で、何をいうわけではないけれど、『a dream never die』って。身をもって感じたというのでしょうか。お通夜から帰ってきた夜、なかなか眠れず、朝方まで起きていました。朝方ようやく眠れて、しばらくしたら母が、『起きて!サボテンの花が咲いたよ!!見て!!M先生、アンタのこと心配してココに見にきてはったんやわ~』って。また泣いたのを覚えています(笑)ちょうどその年の先生が倒れる前、私は病気で入院していました。ものすごい心配していたよ、と、先生から預かったハチミツを手に友人がお見舞いに来てくれたことを覚えています。『あいつは意外と打たれ弱いからな~、毎日ハチミツ食べてたら元気になるからな』と言っていたらしいです。サボテンの花を見て、それを思い出しました。『私、ハチミツのお礼も言ってないやん…』とも思いました。

今でも、夏になると思い出します。先生のこと、そして『a dream never die』という言葉。それが、私の支えでもあります。この言葉を思い出すと、先生がそばにいてくれるような、そんな気にもなります。だから、そんな思いも込めて。しっかり生きている私を、先生に見ていてほしくて、『i dream never die』というタイトルをつけた訳です。ほんま、長い話になりました…(汗)最後まで読んでくれたかた、本当にありがと~。。。

さてさて長い話はさておき、これからもボチボチ頑張っていきますので
どうぞどうぞ茜と出海をよろしゅうお願いします~ハート茜 968




出海と茜 | 01:41:45 | トラックバック(0) | コメント(9)
朝のお仕事
茜が起きる前の私の朝のお仕事。
トイレ掃除。
トイレ進出を図る茜を避けるため、
できるだけ茜が起きる前にします。
茜が先に起きたときは、
寝室で茜を遊ばせて、
私はササっとトイレ掃除。
キレイなトイレは運気をあげるとか。
いや、ただ汚いところで用を足すより、
キレイなところで用を足したいだけ。
茜 876

緑を基調にすると、運気さらに良くなるらしい。。。
皆様も、是非どうぞ。
そして、トイレに飾っているコケ球。
茜 877

コレがとっても大好きなワタシ。
コレに、水を含ませるのも大事な朝の仕事ですにっこり

さてさて、次は茜の朝の仕事。
朝から、プロレスの練習。
茜 743

『モンゴリアンチョップのこの角度がなかなか難しいねんな。。。』

(汗)
ハイ、おかあちゃん、ウソつきました(笑)
ただのお着替えの途中
余りにも茜の格好がプロレスラーみたいなもので。。。

さ、皆様、今日も一日元気にまいりましょう♪


出海と茜 | 08:10:25 | トラックバック(0) | コメント(2)
できたよ、おかあちゃん!
最近、とっても変顔にはまっている茜。
茜の機嫌が悪くなりそうなとき、暇そうなとき、私が変な顔をすると、めっちゃ笑うようになりました。その私の顔を見たあとで、自分もなんかしようとするのですが、まだまだ未完成です。それもおもしろいんですが、今日はちょっと完成に近づいた感じの変な顔を披露してくれました笑う

神戸は今は少し雨が降ったり止んだりしていますが、朝はとってもいい天気で日差しがとても暖かかったのです太陽そんな日は、もちろん二人でベランダ作業をします。まずは黄砂がひどい今日この頃に欠かせない掃き掃除ほうきもちろん、茜はチリトリ役です。最近はそれに加えて自分のチリトリを片付けに行ってくれるようになりました。いや、片付けるって言っても、かためて置くだけなんですけどね~…(汗)
茜 952

そして、洗濯物干し。洗濯物を干すときには、いつも、『お洗濯パンパン』というと、もうすでに干してある洗濯物を『パンパン』と言いながら、洗濯物を叩いてくれます。
茜 953

そしてそして…
私が最近よく、『いらっしゃ~い』って言いながら、変な顔をして干してある洗濯物の間から顔を出して、茜を笑わしたりしていたんですけど、今日は私が『いらっしゃ~い』って言ったら、茜、自分から…↓O
茜 954

変顔できたよ~笑※コレ、偶然撮れたのではなく、茜から自発的にしてきてくれたのを撮りました!!そりゃ~、私は思いっきり褒めました笑うきっと、今までで一番褒めたんじゃないかと思います(笑)『ええ子やな~っっ』って頭をグルグルと。当の本人、茜の反応は。。。ビックリしていました。自分がどんな顔をしていたのか、本人は分かりませんから、当然だと思います。でも、おかあちゃんが喜んでるからいいか~ってな具合に自分の仕事(洗濯物のシワ伸ばし)に戻っていきました。ああ~これも立派な成長だよね~とか思いながら、もっと変な顔を教えてやろうと、私の心は少々燃えましたけどね。我が子に一芸を。。。をスローガンにこれからもがんばりたいと思いますびっくり


え??もちろん、本気ですよ(笑)

出海と茜 | 16:52:17 | トラックバック(0) | コメント(4)
今日
今日が終わるとき。
目の前には溢れんばかりの夕焼け。
茜 945

今日がもう終わるなんて、考えられないくらい。

今日が終わるとき。
後ろを振り返ったら2つの影。
茜 946

今日歩いてきた、刻んできた時間が、少しだけ私を勇気付ける。

明日も、笑えますように。
明日も、明日も。
どうか、元気のないあの人も
一日を無事に過ごしてくれていますように。
どうか、どうか。

出海 | 00:34:21 | トラックバック(0) | コメント(10)
赤ちゃん暴走族
1歳のお祝いに、と買った三輪車。
茜もとても気に入っていて、玄関の扉の前に置いているのですが、散歩に出かけるときに、いつも、『コレに乗りたい!』と言ったような顔で眺めています。けれど、三輪車はまだ少し風のある日は寒く、茜も鼻水をたらしながら乗ることになってしまうので、風邪もひいていたし、しばらくお休みしていました。それでも、茜は『乗りたい』というアクションをやめません考えるまー、風邪もだいぶん良くなったし、近所を散歩するのに乗るくらいなら、寒くないだろうと乗せてみました。もちろん完全防寒させて。そうしたら…↓O
茜 782

なんか、笑えません??苦笑
だって、ちょっとした暴走族みたいなんだも~ん。しかも、茜、得意げに写真に構えてるし…プププ。色とりどりになってるし…プププ。しかも、この三輪車、音楽が流れたり、プーさんがしゃべったりするんですよぉ笑うまさしく赤ちゃんの暴走族ですよ!!本人はとーっても喜んでましたけどね(笑)

ウチの母に写メ送ったら、『チンドン屋みたいやな~』やって(笑)やっぱり、親子で思うことは似てるんかな~…笑笑笑

| 15:12:18 | トラックバック(0) | コメント(8)
奥歯
茜は昔からお風呂が大好き。
茜945

ママとしては、お風呂は、色んな意味で茜の体の具合を確かめられる場所でもあります。体にジンマシンはできていないか、ちゃんと立っているか、腕もちゃんと動かせているか、あ、身長がまた伸びたな、とか。。。裸になって初めて全部が見渡せて、お風呂のときに気付くこともたくさんあります。
そして、もう一つの大切なコトは、前歯が生え始めたころからお風呂の中での日課になっている歯磨きです。
黄昏 (49)

歯ブラシに慣れさせることから始めましょう、ということで、6ヶ月頃から赤ちゃん用の握りやすい歯ブラシを持たせて遊ばせていました。前歯が生え始めていたころから、ヨダレもものすごくって、未だにヨダレカケが手放せません。けれど1歳になってちょっとしたら、ヨダレが少し治まってきていたんです。ところが、最近また、ものすごい勢いでヨダレが…そろそろヨダレカケも終わりかな、と思っていた矢先でした。そして、今回のヨダレの量が尋常じゃないんですあちゃー1日に4~5枚は変えなくてはいけないほど。すぐにベチョベチョです。

で、昨日もお風呂の中での出来事。
お風呂に入るために服を脱がせ、脱ぐなり逃亡する茜を追いかけながら…
茜 940

『きゃ~笑う』by茜
茜 941

最近までグッタリしていたとは思えないほどご機嫌、そしてすばやい!!こんな格好でいつまでも追いかけっこをしていては、また風邪をひいてしまうと、急いで捕まえてお風呂に入れてしまいました。いつものように、歯ブラシを持たせて、私が磨いたり、茜が自分で磨いたり。
茜 943

が、しかし、昨日はなんだか歯磨きを自分からしようとしませんでした。私が無理やり口を開けて、歯ブラシを口に入れようとすると、ものすごい怒ります。イヤイヤもしています。『ん??なんかおかしい』と思って私の指を口に入れて奥のほうを触っていたら…生えていました!!奥歯!!小さい小さい芽みたいな歯が!!上の左側にも、右側にも!!二本も!!また、少し成長したんですね。そういえば最近、ご飯もやわらかいものより、私が食べているちょっとシッカリした野菜とか、そういうものに興味を示すようになってきていました。これからは毎食後に一緒に歯磨きを楽しめるようになりました。また一つ、楽しみが増えました笑うこういうちょっとした成長の瞬間瞬間に立ち会えるっていうのも、子育ての醍醐味のような気がします。


| 15:10:14 | トラックバック(0) | コメント(8)
モンゴル三味線
今日は、久々会社の事務所に、自分の机のお片付け&事務所のお掃除のために行ってきました。会社の事務所、ウチの家から歩いて15分ぐらいのところにあります。今はまだ事務所に戻れるほど余裕がないため、なかなか行けなかったのですが、ウチの会社に何人か新しい子が入るため、その子達が来る前にお片付けをしておかないと…って感じで。。。茜と二人で事務所に出勤です笑う
茜 928

ゴタゴタとした感じでしょ??(笑)基本的に男の人ばっかりなので…
茜 929


ココには、私の私物もいくつかあって、その一つが今日紹介するモンゴル三味線です。
茜 931

これ、モンゴルから持って帰ってきたモノなんですが、そうとう大きいんです。写真の後ろにあるのはコピー機ですが、それと同じぐらいの長さです。そして、胴の部分は…
茜 932

思いっきり蛇の皮です。ウロコがガサガサしていて、弦を弾くところだけカミソリでウロコを削りました。自分で。弾くたびにあまりにも手が痛くって…(涙)弦も、1本切れたまんま。この切れた弦、ビニール弦のなかに金属が入ったものだったのですが、近所の大きな楽器屋さんに行っても見つけることができませんでした。だれか、そんな弦に思い当たる節のある方は教えてください!!モンゴル三味線、久々に引っ張り出しました。私には思い出のいっぱい詰まった楽器の一つ。なのに、ごめんね、三味線さん。ほったらかしにしていて…音は、先日私がココで紹介した日本の三味線より、はるかに丸くて優しい音。

やっぱり茜は大きな三味線に食い付くかのように、ずーっと弾いておりました。
茜 935

事務所の人に少しの間茜を見ていてもらい、私が出かけても、ずーっと一人で三味線を弾いていたらしいです。ちょっと、嬉しい。事務所の人たちも感心しておりました。
茜と比べると…
茜 936

本当に大きく感じますね(笑)重さも結構あって、茜よりかは軽いけど、ずっと構えていたら、背中の肩甲骨辺りから左腕にかけてかなりの筋肉痛になります。でも、最近背中にお肉が付きかけてきた私にはちょうどいいかも。。。ですね。

出海と茜 | 17:06:42 | トラックバック(0) | コメント(5)
小さな成長
まずは…茜が病気だったことの忙しさにあわせて、週末に仕事が入ってしまい実家に帰ったりしてバタバタしていたもので、みなさんにたくさん頂いていたコメントにお返事をするのが、だいぶん遅くなりすいませんでした。ごめんなさい悲しい皆様のお言葉のおかげもあって、茜の病気、ほぼ完治いたしました。茜のことを気にかけていろんな言葉をかけていただいた方々、本当にありがとうございましたにっこり
体の発疹もあっという間に過ぎ去り、茜の体力もボチボチ戻ってきて…コメントを頂いた方の言葉を胸にがんばり、病気を越えれば、また成長した茜に会えるって思っていた矢先…ホント、茜が成長していたんです!!小さい小さい成長ですよ、でもね、なんか嬉しくってみんなに大公開ですびっくり

まずは…積み木です。
今までは、積み木は積み木ではなく、茜にとっては拍子木でしかありませんでした。『マッチ一本火事の元~』の後にカンカンとするだけ。
茜 402

でもでも…積み木が、ちゃんと『積める』ようになったんです!ビックリ!!ちゃんと、三角の積み木を積んでいます!!↓O
茜 878

些細なことなんですけど、なんだかとってもスゴイことのように感じてしまうのは、やっぱり私だけでしょうか??積み木もきっと喜んでいるんじゃないかな~なんて思ったりもしました笑

もう一つは…人形です。
今まで、あまり人形には興味を示さなかった茜。興味を示したとしても、投げ捨てたり振り回したりほじくったり…絵文字名を入力してください苦笑いそれなのに、実家に置いてあった私が小さい頃から大切にしていた人形に、寄り添うではありませんか!!↓O
茜 906

こんな風に寄り添う姿は本当に初めてです。しかも、寄り添っただけではなく、ちゃんと『いい子いい子』してる!!↓O
茜 907
最近は何でもモノをなぎ倒すかの勢いで、振り回したり投げたりして痛めつけることが多かったので、親としては『いい子いい子』したりする姿は、モノを大切にしてくれている気がして、なんだか嬉しいにっこりコレ見てたら、おぉぉぉ~って言ってしまいました。

少しずつだけど、元の元気な茜に戻りつつあるのは、本当に、皆様に励ましていただいたおかげ。本当に本当に、ありがとうございました♪こんな感じで、またボチボチ茜の元気な姿をお届けしていけたらって思います。楽しみにしていてくださいね☆

| 23:39:17 | トラックバック(0) | コメント(8)
ほぼ…
20080301230713
病気完治しつつある茜です。昨日公園にお散歩に行きました。鳩にあげるパンを自分で食べてしまいました…

出海 | 23:07:15 | トラックバック(0) | コメント(8)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。