■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大事な話
まず、何日も皆さんの問いかけに答えることができなかったこと、謝らせてください、ごめんなさい。
今日は、とっても大切なお話です。
ブログを始めて、こんなに長い間ブログを更新できなかったことは初めてです。
それには、深い訳があります。言い訳、させてくださいね。

先週の、私と茜の人生は大きなターニングポイントを迎えました。このブログによく遊びに来ていただく方には、もしかしたら気付く点もあったのでは、と思いますが、去年の途中から私は旦那さんと別居状態にありました。それも、来月で半年になります。その、決着が先週の木曜日にやっと付きました。そうです、言葉にすると悔しくて、悲しくて、とても書くことができませんでしたが、いはゆる『離婚』です。
こうなった原因は、私にも、旦那さんにもありました。コトの発端は旦那さんにいた、別の人の存在でした。茜が生まれてからしばらくして、私はその人の存在に気が付きました。出張で名古屋だと言っていた日に遊びに行ったテーマパークの入場券が出てきていたり、好きですと書かれた手紙がカバンから出てきたり。そしてもちろん、旦那さんに問い詰めました。最初は『違う』と否定していた旦那さんが、忘れもしない入籍記念日の日に、『実は結婚前からだった』と話しているのを聞いて、私の中で何かが崩れていくのを今でもよく覚えています。結婚前に私より前に付き合っていた人で、私との結婚(できちゃった婚)で一度別れたけれど、茜が生まれてから、私と上手く行っていないことを相談するために幾度も会ううちに、元に戻ってしまったそうです。私が子育てに必死になりすぎて、旦那さんと衝突することが多かったのも確かで、私も悪いところがあったのだな、と一度はやり直す決意をしました。彼も、その相手とは別れたと言ってくれました。けれど、そのときに彼が言った言葉を、やはり私は許すことができなかったんだと、今になって思います。『出海と茜の未来と、その人の未来を天秤にかけたら出海と茜との未来の方が見たいと思った』と。私は、嬉しいような、悲しいような気持ちが入り混じりました。天秤にかけるって…??そして、そのハテナは、きっとずっと彼を厳しい目で見る結果になったんだと思います。正直、信じることができませんでした。茜をどこかに連れて行こうと言っても、その約束は結局破られることが多かったのもあります。実際、やり直すという約束をしてからも、彼はウソを度々つき続けました。小さなことは忘れようといっぱい我慢をしました。けれど、また、同じように、出張だった日にこちらに帰ってきていたことが、たまたま、ひっくり返っていた彼のカバンの中から落ちていた一日早くに乗った新幹線の切符で分かりました。そして、そのことを言うと、彼は言いました。『そんなに人の荷物を荒さがしして楽しいか!!』と。それを言われて、私も今までのすべてがせきを切ってあふれ出しました。それがきっかけで結局別居することになりました。それからは、何度か話し合ったり、お正月のときに茜のためにも、こちらに帰ってきてもらったり。そして、私は色々考えて、もう一度、茜のためにも、やり直せないかと彼に言いました。けれど、彼の答えは『すぐには答えを出せないから、待ってほしい』とのことでした。そして、しばらく待っていたのですが、その結果が先週出たのです。別居する前から、旦那さんはお金にはルーズでした。生活費がなくても、飲みに行っていたり、生活費からお金を持ち出したり、二人の貯金を使い込んだり。別居してからは、ますますお金をくれる回数は減りました。去年の11月と、今年の1月と、3月。半年の間、家賃、光熱費、食費、保険代等すべて私が払っていたにも関わらず、すべて合わせて38万しかもらえていませんでした。経済的にも、もう限界だということを私から告げ、やっと話が進み始めました。まずは二人で大体の話し合いをして、決めたことを彼の実家に話に行って来ました。最初はもちろん向こうのご両親にだいぶ責められ、私ももちろん話を一生懸命しました。やり直したいという気持ちを告げたけれど、それは無理だと言われたこと、経済的にももう無理だということ。そして、旦那さんに最後に念押しの確認をしたとき、旦那さんがやっと重い口を開きました。『傷つけたくなくて言えなかったけれど、茜のことを考えると離れるのは嫌だけど、出海のことを大事にしたいとは、もう、思えない』と。そのときに、胸につっかえていたものが、スッとなくなりました。『もしかしたら…』『もう一度…』という私の想いは、もう、届かないんだと。届かないくらいに離れているんだと。

行き着く結果は『離婚』でした。
頑張ってみたんですけどね、なかなか上手く行きませんでした。
こんな結果になってしまっても、不思議ですね、どうしても旦那さんを嫌いになんてなれないということが、今になって分かります。大好きな人の子どもを産めたこと、そして少しだけれど家族ができたこと、ものすごくそれは幸せだったんだと。これはキレイごとじゃなくて。本当に、愛していました。きっと今も。

さあ、またココからがスタートです。しばらくは、忙しくて更新もままならないことも多いと思いますが、このブログはやめるつもりはありません。別居中に始めたこのブログは、私の不安定な気持ちや想いを少しずつ保ってくれるようになりました。たくさんの人に色んな言葉をかけてもらい、ちょっとずつ、ちょっとずつ、力をもらって。私の今の姿を、だからこそ、隠したくないと思いました。ここに来て、声をかけてくれる皆さんが、私は、本当に大好きです。ありがとう。支えてくれて、ありがとう。心配してくれてありがとう。また、力を分けてください。支えてください。よろしくお願いします。

本当に、ありがとう。




スポンサーサイト
出海と茜 | 01:15:02 | トラックバック(0) | コメント(18)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。