■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
離婚相談
今日は、神戸はとても良い天気です太陽少し清々しい風も吹いていて、洗濯日和。朝起きてから、天気がいいというのに、なんだか心はズ~ンと重たい感じ。というのも、今日は市の法律相談の日。弁護士さんに一度話をしに行ったときもそうでしたが、やっぱり、こういう場所に行くのはとっても気が重い。天気いいのに、洗濯物干しながら茜とベランダに水をまいたりしながら何度も深呼吸してみたのに、桜が咲き始めた道を歩いたのに、何をやっても自分の心に陰りがあることにどうしても自分で気付いてしまう。
朝ごはんをいつものように茜と食べて、家の掃除、洗濯も済ませて、出かける準備をして…ちょうど12時に始まる相談にぼちぼち歩いて出かけて行きました。区役所に着くと、相談会をやっている会議室で用紙に記入し、自分の番が回ってくるのを茜と二人待っていました。待っている間、お腹をすかせてちょっとぐずり始めた茜にパンを食べさせて、お腹いっぱいになってご機嫌に歩き回る茜の後ろをついて回って…そんな間も、少し何を聞きたいのか、頭で整理をしながら…前回、弁護士さんのところにお伺いしたときは、私の話の仕方も悪かったのか、ウチの親も一緒だったせいか、聞きたいことがうまく聞けず、的を得た答えも返ってきませんでした。2時間話をしたけれど、弁護士さんは、自分がこのややこしい離婚事件を担当する気満々で、示談より調停、調停がダメなら裁判、と、躍起になって話をしているのがミエミエで、少し嫌な思いをしました。そして、そのときも茜を連れて行っていたのですけど、案の定、茜はもうこんなところにいたくないと、何度も逃亡を謀り、普段、少々嫌なことがあっても泣き喚いたりしないのに、ものすごい剣幕で泣き、ぐずり、私が抱っこしてトントンしても、しばらく治まりませんでした。そのイメージがとても私の中で強く残っていて、どうしても、話をしに行く気にならなかったのです。でも、そんなことばかりは言ってられないと、区役所に行きました。最初、待ち時間はご機嫌だった茜、私の順番がきて話を『さあ始めよう』というときに、前回の弁護士さんのところに行ったときと同じ状態になりかけました。いつもは、何か好きなもの一つで遊んでいたらご機嫌なのに、今日の茜はなにをしても治まりません。立って抱っこしながらでも、大好きな紙と鉛筆を握らせてもらっても、ジュースを飲んでも、お菓子を食べても、すべてイヤイヤです。大きな声で叫び…それで、ふと気が付きました。私の気が重たいのと、この手の話をしているとき、茜はいつもこうなります。1歳の子どものなんと敏感なこと。。。そして、私、1歳の子どもになんという嫌な思いをさせているんだろう、と。そして、時間があまり長くない私の口から相談員の方に話した第一声。

『調停をするための、手順を教えてください』。

この言葉が、簡単なことのようで、なかなか出てきませんでした。前回の弁護士さんとの1件では、あれこれ理由をつけては、慰謝料を請求できるのかできないのか、そんなことをクドクドと話をしていたのです。できるようなら、調停しようと。できなさそうなら、養育費のみにしようと。そんな逃げ道を作りながら。旦那さんに嫌な思いをさせたくなくて。お金のことの話を始めると、途端に現実に引き戻されて、本当に悩むことが多くて仕方なかった。けれど、私のこの毅然とした話し方で、相談員さんが、しっかりと色んなことを教えてくれました。そして、その瞬間、茜の様子も少し落ち着いてきたのです。そのおかげで、かえって時間を長く持つことができて、ジックリ話を聞くことができました。家裁に調停申し立てに行く手順と、必要なものと、そのことのために今できること。そして、今までの話し合いで出てきた不明点。お金がないから、慰謝料なんて論外、養育費もちゃんと払えるかわからない、ということも含めて、旦那さんが家に帰ってこない理由は私にあると言われていることなども。だから、慰謝料がもらえるかどうかもわからないと言うと、相談員の方が丁寧に色んな手段を教えてくれました。『もらえるかどうかわからなくても、ちゃんと調停をして決めてもらった方がいい』と。

しばらく話をして、区役所で他にも母子手当てのことや、住居のこと、仕事のことなどもちゃんと聞いて、だいたい何が一番やらなければいけないことなのかが分かってきました。まずは調停申し立てをすること、そして、収入源を確保するために仕事をすることと、これからの住居の確定が必要みたいです。『それをアナタがちゃんと選んで決めることが大切ですよ、子どもさんのためにも』と、相談員の方からも言われました。どうしてなんでしょうね、決して良いコトを話に行っているわけではないのに、少し励まされた気持ちになりました。そして、今日の茜のことを考えると、一層私がちゃんと決めて進んで行かなくてはいけないことがよく分かりました。
相談の後、茜と天気のいい神戸の街を歩きました。茜の涎掛けが染みになっているものが増えてきて、何度漂白・洗浄しても取れなくなってきていたので、茜の新しい涎掛けを少しと、茜のベランダ用のスリッパを買いました。昼前に家を出たのに、家に帰り着いたのは3時です。茜も昼寝の時間をとっくに過ぎていて眠たかったのでしょう。ママの顔色を見て、気を使って疲れたせいもあるでしょう。家に帰ってしばらくすると…
茜 1031

変な格好のまま…
茜 1032

グースカピーです笑このかわいい寝顔に、何度も救われます。自分が母親になったんだと実感します。そして、この寝顔を守りたいと。もう少し踏ん張って、これからが少しずつ進んでいけばいいなぁと、祈っています。


スポンサーサイト
出海と茜 | 17:39:37 | トラックバック(0) | コメント(9)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。