■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
いい具合に抜けてる力
昨日は仕事に行かなければならなかったため、実家の方に茜を預け、私も夜は実家に帰っておりました。

前に一度?二度?(笑)程私の仕事についてチョッロっと書きましたが、私の仕事は『音響』です。音響と言われても、きっとピンとこない方が多いのではないかと思います。音に関する仕事なら、レコーディング以外はたいていのことをこなします。例えば、よくホテルでやっているディナーショーの、スピーカー、マイク、音だし等をやることもあれば、どこかのホールの音響セクションの増員で行ってステージ関係の仕事をしたり、仮設会場イベント(例えばどこかのお店の多目的スペースでされるコンサートとか、お祭りとか。。。)の音関係の仕事であったり、ラジオの収録に行ったり、ライブハウスであったり、ブライダルの音出しであったり…
ちなみに、下の写真はよさこいの地方車にスピーカーを積んでいるところ…↓O
スピーカー2

茜がお腹にいると分かってからも、みんなに助けてもらいながら、現場に出ていました。
ライブハウスでも、ディナーショーでも、ブライダルでも、『オペレーターの○○です』って自己紹介、挨拶を演者の方やお客さんにしに行くと、まずは顔よりお腹をよく見られたものです苦笑いしかも臨月(10ヶ月)まで仕事をしていたものですから、茜はきっとお腹の中で『音』に溢れた状態だったと思います。
なぜこの仕事についたのか…それを語るには本当に色んな運命の出会いがあったことも理由の一つにあるので、簡単には言うことができません。小さいころから音楽が大好きだった私。音楽は聴くのも好きですが、4歳のころからピアノ、小学生のときは鼓笛隊でトランペットを、中学生のときはオーケストラでホルンを、高校生のころは放送部で音の編集を、大学生のころは三味線を…てな具合にずっと『音』に関係することを続けてきました。ずっと『音』に関連する仕事につきたいと思っていたので、私には天職だなんて思うこともあります。
そんな大好きなお仕事なんですが、茜が生まれてくるまでは、結構緊張したり、ピリピリしてこだわったり、もちろん失敗することもたくさんあって、落ちこんだり…悲しいそれが、最近思うのは、仕事をするスタンスが少し変わったな、と自分で自分の中の違いに驚くことがあります。違ったスタンスとは…『いい具合に抜けてる力』なんです。あ、手を抜いている訳ではありませんよ。今までなら進行上いろんなミスがあることにより、それが音響にも影響して自分の力を出し切れなかったとき、ものすごく怒ったり、イライラしていたりしたのですが、最近は、その逆境の中からどうしたら、自分の力を役立てて上手くことが運ぶように、お客様が望む、喜ぶように音響ができるのかということを考えて…なんていう領域に行ってしまいました。これは、私の社長が、私が音響を始めた何も知らない頃から、ずっと私に教えてきてくれたこと。それが、最近なんとなく現場現場で分かるようになってきました。専門学校にいって技術や知識を学んで始めた仕事ではなく、いわゆる『たたきあげ』という状態で、今まで、もちろん今も仕事をするたびに学習することはあります。一つのステージや、結婚式等を作り上げるには、誰かが手を抜くと絶対にダメだ!なんて思っていましたが、人は失敗もすれば、間違いもある。そんなことに気付いたときに、いかに自分を軌道修正できるのか。。。お客様に、演者さんに、『良かったよ』と言ってもらえるように逆境の中からいかに自分の力を発揮するのか。。。それが、大切なんだと思うようになったのです。これが、いわゆる『いい具合に抜けてる力』なんですね。自分が楽しんでいなければ、それを見る人たちも楽しくならないんだな、と。ちょっと自分が大らかになった気がします笑

『音』に溢れたお腹の中での生活をしていた茜は…最近ミュージシャンかのように、オモチャのピアノを弾いてくれます笑う
茜 427

いつか、茜も音楽に関連する仕事につきたい、なんて言うのでしょうか?


スポンサーサイト


出海 | 18:49:40 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
そうね、そうね…
最近毎日PCに向かう時間がないためブログ、「まとめ読み」してます。
この記事に、私も考えさせられました。
私より、オトナ!?それはやはり「母」となった証なのでしょうか?
仕事の現場で、「今この場で一番何が大切なのか…」
若い頃は、上司の評価であったり、自分がもっと上に行きたいという気持ちだったり…そんな事にばかり気を取られて
本当の意味での大切なコトって見失いがちだよね。
だから、変なところでイライラしたり落ち込んだり…
でも、大切なコトはそんなことじゃないって、あるときふと思ったりして。

こないだ歌舞伎俳優の板東玉三郎さんがTVで行ってた事と重なります。
「遠くを見ない。明日だけを見る」
振り返ったら何十年過ぎていた。それだけの事。
今日の舞台、明日の舞台でお客様に喜んでいただく。
それが一番大切で、そのために自らのできる力で準備をするだけ。
ちょっとニュアンスが違うけどね(笑)

力の抜き方を覚えて、私もいい年の取り方したいな…
2008-01-25 金 01:05:07 | URL | おだね [編集]
to maedaさん
いい年の取り方なんて、て、照れます…i-237ありがとうございますi-176
茜は、音楽ももちろん好きみたいなのですが、歩きだすのも早かったし、体を動かすのが好きみたいなので、ダンサーとかになってもらえると親としても楽しいなぁ、なんて思ったりします(笑)ま、親の思い通りになんてなってもらえないんでしょうけどねっっi-179
2008-01-22 火 00:33:45 | URL | 出海 [編集]
それだけのめり込めている姿を見ていれば、茜ちゃんが出海さんと同じ道を進んでも全然おかしくないですね。
ボクは、幅広いジャンルですが「スポーツ」の道に進んでくれればいいなと思っています。(野球とサッカーとボクシングはおまかせ!)
「ほどよく抜けた力」は、“自己満足”の為だけじゃなくなった証拠なのでしょう。自分目線から他者目線に変われるタイミングというのは、まわりのサポートのお陰というのはもちろんのコト、ホントに大切な存在が現れた時なんでしょうね。
なんだか“イイ年の取り方”をしてますね~(笑)
2008-01-21 月 13:27:23 | URL | maeda [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。