■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
愛しい友達へ。
少し前、大親友から妊娠したという連絡がありました。
本当に中のいい親友だったので、私は本当に喜んだのですが、当の本人はなんだか不安がいっぱい。メールを何回かやりとりしていたら、それがありありと伝わってきました。
あぁ、やっぱり女の人にとって、子供を授かるってとっても大変なことなんだなって思いました。実際に自分が体験したことも含めて。

大学生の頃に出会った親友とは、かれこれ10年近くの付き合いになります。
大学生の頃、私も彼女も親元を離れて暮らしていたからか、ずっと一緒にいたような気がします。何かを分け合うかのように、そして自分の一部分のような気さえする彼女。
印象的な出来事は、モンゴルに一緒に留学していたときのこと。一緒の部屋で毎日生活を共にした日々が終わり、私が先に日本にかえるとき、モンゴルの空港で二人で涙を流したっけ。
それぞれ就職して、私は関西、彼女は東京で過ごすようになってからも、彼女が大阪に来たときにはなるべく会うようにして、別れるときはやっぱり涙。離れると、いつもぽっかり心に穴が開いたような気がするぐらい、大切な友達です。

その彼女が昨年の6月に結婚して、今年の初めに妊娠したことがわかったのです。
茜 560


子供を授かる、子供を産むということ、それは私もとっても不安だったことを思い出しました。
前にも一度書いたことがありますが、茜が産まれてくるまで、ずっと仕事ばっかり、自分のことばっかりだった私。こんな私が子供を産んでいいのだろうか、そんなことをよく考えたものです。子供を授かる、新しい命ができるって、とっても嬉しいことなはずなのに、なんだか悩んでしまう不自然な日々。でも、今思えば、その不安や悩み、考えは、母親になるための準備だったのでしょうね、きっと。茜を産んで、もう1年たち、毎日子育てをしている毎日。今は、本当に子供を授かるということは幸せなんだと、心の底から思えます。産んですぐは、『あ~、やっと出てきた~』っていう気持ちが一番でしたが、生まれてすぐに私のおっぱいを吸っている茜を見ていると、無条件に母親になってしまいました。
茜 306

今思うのは、きっと、茜が私を成長させてくれてるんだってこと。そして、周りの人の色んな言葉や思いやりに助けられて。。。だって、実際に親友の彼女も、私を今まで励ましてくれて、支えてくれた人の一人ですしね。

大学生の頃にうけた授業で聞いた話。
昔は『産む』『生まれる』の他に、『産まる』という言葉があったとか。
赤ちゃんは、自発的に親をちゃんと選んで生まれてくる、という意味らしい。
だとしたら、きっと親と子の出会いも、恋人同士のような赤い糸なのかも。。。あまり臭くて好きじゃないんだけど『運命』ってことなのかも。。。そう信じたい。
そっか、私に会いに茜は出てきてくれたんだって思うと、それだけでたいていの問題は乗り越えられる気がします。

『大丈夫、ゆっくり一緒にがんばってやっていこうね』って、近くにいたら心おきなく言えるんだけど、今は遠く離れていてなかなか力になれることはないけれど…でも、メグちゃん、何か不安なことや、もうダメって思うことがあったら、私、いつでも飛んでいくから、何でも言ってね!!

というわけで…とりとめもなく、こんなところで愛しい友達へのラブレターでした。
メグちゃん、読んでくれてるといいなぁ。。。


スポンサーサイト


出海 | 03:05:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。