■プロフィール

出海

Author:出海
出海と茜のブログにようこそ!
ホッと一息休憩していってください。

■カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■最近の記事
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブログランキング

FC2ブログランキング

↑みなさんのご好意に感謝します

■あし@

■リンク
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
母の話
今日は、とってもいい天気太陽

昨日から、母と老人ホームにいるおばあちゃんに会いに行こうと話をしていたので、私の家の近所の駅で待ち合わせ。そして、電車でおばあちゃんのところまで向かいました。その電車の中での話。先週の水曜日、私の兄とおばあちゃんのところに行った母。その前日、変な夢を見たと言う。
『おばあちゃんがな、白装束着て実家で寝ててん。その横にな、キヨミ(母の亡くなった妹)がおってな…。私は実家から自分の家に帰るところやってんけど、一緒に来た茜ちゃんがおらへんくって探しててん。そしたらな、キヨミがコソコソ隠れて茜ちゃんおオムツ変えたり抱っこしたりして、茜ちゃん返してくれへんねん。それ見て、ヤバイと思ってな、必死に取り上げて家を出て、つけられへんように急いで家の外を歩き回ったっていう夢見てん』と。私も、少しゾーっとして、聞いていましたが、そのあとに母が続けて言いました。『そしたらな、この前おばあちゃんのところに行ったら、介護師さんにな、「昨日大変やったんですよ~、Sさん(おばあちゃんの名前)39度の熱出して、意識がしばらくなくて…病院に行って点滴してもらって帰ってきたんですよ」って言われてん。もう、その話聞いたときな、あの時茜ちゃんを取り返しに行ってよかった~って思ったわ…』と。母がおばあちゃんに会いに行ったときには、もう熱も下がり、意識もしっかりして、元気だったという。
うちの母にはそんな夢の話が他にも何度かある。前にも一度、その母の亡くなった妹さんに、私が連れていかれようとしたのを引き戻したという話があった。そのとき、私は風邪ですごい熱を出しながら仕事をしていて、家にもあまり帰れていなかった。心配して、電話があった。『元気?大丈夫?』って。で、その後家に帰ったときにその夢の話を聞いて、ゾーっとしたのを覚えている。

母の姉妹は、母の姉と、母と、母の妹の3姉妹。早くに父をなくし、母の姉は早くに家を出ていて、母の母、つまりおばあちゃんと、母と、母の妹と3人で暮らしていた時間が長かった。母の妹、キヨミちゃん(私たちはいつもこう呼んでいました)とは、本当に仲良しだった。いつも、母とキヨミちゃんと私の3人で阪神百貨店に買い物に行ったり、ご飯を食べに行ったりしていた。そのきよみちゃんが亡くなったコトは、今でも鮮明に覚えている。キヨミちゃんは51歳で亡くなった。母はキヨミちゃんのお葬式のとき、泣き崩れてキヨミちゃんから離れなかった。その後もずっとキヨミちゃんがいない寂しさを引きずっていた。と、しばらくしてから…母の姉が亡くなった。ビックリした。一気に母の姉妹は二人ともいなくなった。母は、それはそれはもう、大変な時期を過ごした。その姉妹が、たまに母の夢に出てくる。そして、私や兄や弟や、茜を連れて行こうとするらしい。そして、そういうときは必ずと言っていいほど、些細なことだけど何かがある。不思議。キヨミちゃんの夢を見た母。しばらくちょっと考えていたら、そろそろ、キヨミちゃんが亡くなった日が近い。母が見た夢をその日の朝、父に話したらしい。そしたら、父が『キヨミちゃん、小さい子好きやったし、面倒見良かったもんな~、会いに来たら茜ちゃんが可愛くて仕方なかったんやで。生きてたら、いっぱい可愛がってくれたやろうな~』って言ってたらしい。お父さんナイス!良いコト言う!!と私は心で思いました(笑)母のナナメ~な気持ちを父がちょっと持ち上げた感じでした。
そう言えばと言ったら取って付けたように感じますが、ちょうどその夢を見たあたり、茜にも不思議な仕草が見られました。寝室の、壁とエアコンの間を昼も夜もジーッと見つめて、手を振ったり、笑いかけたり、指差したり。『誰か遊びにきたん??』って聞いたりしましたけど、キヨミちゃん、遊びに来てくれていたのかな、って思いました。

母の不思議な不思議な夢の話でした。
母は茜にとってはきっとナンバーワンの存在。というのも、いくら機嫌が悪くても、『おばあちゃん来るで!!』って言ったら、静まる茜。電話で声を聞くのも大好き。待ち合わせをしていても、母を見かけたら手足をバタバタ、ものすごい笑顔で抱っこをせがみます。母もまた、『茜ちゃんとおったら楽しいわ~』とニコニコ。いわゆる相思相愛(笑)
いつも。。。
茜 319

いつも。。。
茜 406

いつも。。。
茜 631

茜と母は一緒に笑っています。こういう母の姿を見ると、ホッとします。やっぱり笑顔が一番。そして、その笑顔を見に来た、母の妹も、母の姉も、きっと安心して帰っていくと思います。
スポンサーサイト


出海 | 01:29:04 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
お元気ですか?
元気ならいいですが...
2008-03-15 土 13:34:55 | URL | ピエロのおさる [編集]
だから抱きしめたくなっちゃうのかな~って思いました。
決して「失う」というマイナス的な意味ではなくて、ホントにホントに大事で大切だから「そばにいてほしい」っていうプラスの意味で。
さっすが大人気やん、茜ちゃん(笑)

ボクもおばあちゃんが亡くなる時に、当時はもう川崎に住んでたけど、新潟の実家で寝たきりになっていたおばあちゃんが、ボクの部屋に「いる」っていう感覚を味わったコトがあります。
口を動かしているのはわかるんだけど、何を言っているのかはわからなくて・・・。だから懸命に「ありがとう。ありがとう」って伝えたことをよ~く覚えています。
きっと茜ちゃんも、その時に(曾になるのかな?)おばあちゃんから大切な何かを教えてもらったんだと思います。
それはきっと茜ちゃんの中で生き続けるんだよ、きっと。
2008-03-10 月 11:14:29 | URL | maeda [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。